ボランティア活動紹介・・・こんなボランティア活動も



市民活動交流会
参加したのは市内19団体

平成26年2月22日
大阪狭山市市民活動支援センターVICチーム主催
於:市役所南館2F講堂

市民とことんディスカッションにつぐ 
8年ぶりの
市民活動交流会

平成18年3月に開催した「市民とことんディスカッション」の参加団体の10団体に比べ、今回は19の市民活動団体の参加となりました。 

通算双方の交流会にご参加いただいたのは4団体、8年後には異なった分野の新しい団体が増え、市内活動団体の広がりをヒントさせてくれます。            

Eyes Breaking(Ice Breaking))の方式も、8年前の「4つの部屋」からBirthday Chain 誕生日の輪」までの流と異なり、こちらも時代の変遷が印象的でした。
              市民とことんディスカッションのURL(参考)

今回は、各団体のご発言の文字要約の代りに、Visualな動画映像の駆使で、より一層明瞭な各団体のご発言が採録されています。


本日の参加者内訳   来場者数( 36  名)    
団体側参加者数  25 Facilitator 3 スタッフ 参加数 
交流会参加団体名     ( 19  団体)  
 大阪狭山市舞踊協会  地域活動支援センターいーず 狭山ヒメボタルを守る会
 大阪狭山ラジオクラブ  南河内フィルムコミッション  防犯ボランテイアグループ
 大阪狭山キジムナーの会  KIZUNA倶楽部 手づくりぞうきんの会
 まちづくり研究会  大阪狭山市文化協会  NPO法人青少年文武育成会
 NPO法人ふれ愛さやま
精神保健福祉ボランテイアすぎな 
 若もの自立支援センターのびのび
 NPO法人ワークレッシュ  あまの街道と陶器山の自然を守る会
 さやか観光
 大阪狭山食物アレルギー・アトピーサークルSmile Smile

                                

★ 団体交流会プログラム
13:30〜受付開始

14:00 あいさつ    交流会 開催挨拶・趣旨説明 
14:05  アイスブレイク    ボランテイアグループ連絡会 
14:20  自己紹介とグループワーク    テーマ:交流会に望むこと 
14:50  ファシリテーターを残し席替え    テーマ:団体同士で協力できること 
15:10  団体PRインタビュー    希望団体のみ 
15:30  2回目席替え    なんでもトーク 
15:50 グループワーク終了
各テーブルごとに話あった内容を発表 
  テーブルごとに話あったことをス紹介 
16:00  閉会     
     
  



★ 市民活動団体交流会趣旨説明
市民活動支援センター所長 白井  隆

                                     第1回の「団体交流会」の開催にあたり、一言ごあいさ申しあげます。
 日頃は、私共センターの活動に深いご理解と、ご協力を賜りありがとうございます。
 私共、NPO法人大阪狭山アクテイブエイジングが、民間の立場で大阪狭山市から「市民活動支援センター」の運営をお引き受けして、今年は10年目を迎えます。
 新しい節目の今年からは、従来からの支援活動に加えまして、皆さま方からの強いご要望にお応えして、活動団体間での「交流の場づくり」や「学び合いの場づくり」にも力を注いでまいりたいと考え、その第1弾として本日の「交流会」開催を企画いたしました。
 今回は、先般お届けした「しみんのちから/CD版」と、併せて実施させていただきましたアンケート調査で「団体間交流の場を設けて欲しい」とのご要望の団体様を中心に参加のご案内を差し上げました。お忙しい中をこのように多くの方にご参加いただきお礼を申し上げます。
 皆さまご賢察のとおり、本「交流会」の目指すところは、日常の活動の中では関わりのない団体様が一堂に会して参加していただく「出会いの場づくり」や「学びあいの場づくり」を通じて
   〇日常の活動の中での、お困りごとへの解決に繋がったり
   〇現状の活動をより飛躍させるためのヒントが見つかったり
する機会としていただければと願って開催させていただくものです。
 ご案内の通り、この企画は「言うは易し、行うは難し」で、それぞれが思い通りの成果に結びつけていただくことが簡単でないことが予想されます。先ずは、日頃
皆さまが「思っていること」「感じていること」「言ってみたいこと」を楽しみながら語り合い「継続は力なり」をモットーに回を重ねていただける“場”の提供が第一との考えで継続的な「交流会」運営を考えています。このことについても何卒よろしくご協力の程をお願いいたします。
 結びにあたり、本「交流会」への継続的な参加と、私共センターの気軽なご利用
効果が、皆さま方の今後のご活躍の輪の広まりに繋げていただけることを祈念しまして、簡単ですがご挨拶とさせていただきます。

各テーブルごとの話し合った内容をまとめて紹介

    
  午後1時30分よりの受け付けからクラフトづくりがあり、ボランテイアグループ連絡会より2名の指導者のもと、全員がものづくりに専念、和気あいあいの中でストラップを作成。

  第1グループから第3グループに分かれ、団体・参加者名の自己紹介があり、続いて「これからの交流会」「団体間で連携や支援できること」についてなんでもトークを行う。

 ≪話し合われた内容のまとめ
 
@色々な分野の違う団体が集まり、情報交換などの時間をもてるようにすればよい。

Aこういう機会がなかなか無いので、定期的に開催し、企画も違った場 づくりをしていく方がよい。

B連携・支援・協力ができる交流会になればょい。

Cその場だけの交流会ではなく、日常の団体間でも気軽に話ができるように継続的開催になればと思う。
D福祉・介護関連は特に情報が入りにくいので、こうした中で情報交換 できる交流会を求めている。

コーヒーやお茶・お菓子などを楽しみながら、気軽にコミュニケーションがはかれたのではないか。今後は以下の団体からの感想を参考に企画をおこいなって行きたい。

 (団体からの感想掲載は紙面の都合で省略 )

     団体PRの模様をyoutube動画でご覧ください。
クリック

                                      

http://youtu.be/77BPVsv9rRg


BACK

大阪狭山市市民活動支援センター
Tel.072−366−4664