活動指針

大阪狭山市ボランティア・インフォメーション・コーナーは
市内ボランティア情報の一元化を試みるもので、
その役割の指針を次の活動に集約します。

平成22年6月度


 活動項目   ボランティア・インフォメーション・コーナー(VIC)役割の指針
 紹介 ボランティア希望者の活動条件を広報
当該ボランティア分野を所轄する行政系部門を紹介
専門家・講師・助言者・協力者などの紹介
 相談 ボランティアをしたい人・団体の相談
ボランティアいを頼みたい人・団体の相談
 連絡 ボランティア団体間の連絡・連携の支援
当該ボランティア分野を所轄する行政部門との連携対応
 研修 ボランティア活動に必要な知識や技術などを学ぶ講座や研修会の開催
 学習 ボランティア体験学習や知識・理解を深めるボランティアスクールなどの開催
 啓発 ボランティアの育成・ボランティア活動への助言
ボランティアを広く理解してもらうための講演会、講座・交流会などの開催
ボランティア力の検定講座などへの支援
 情報 インターネット(HP・電子メール)および電波メディアなどを利用した情報の収集と発信
ボランティア団体の公報の支援
 整備 ボランティアに関する報告書・機関紙、図書、出版物など必要に応じて収集・整理して公開閲覧
 防災支援 社協への災害ボランティア設置への支援
行政側での要援護者情報の整備と支援者とのマッチングの支援
 広報 VIC利用のしおりの発刊
VIC専用HPを通じての活動状況の宣伝
登録団体へボランティア情報のメルマガ配信



情報公開
2年目のVIC Action Plan

VICでは、それぞれの担当役割ごとに活動成果目標を設けています
〜日常業務の活動役割〜
平成23年4月度

  日常業務の分担役割
 担当 1 V情報の一元化対象部門との折衝連携体制づくり
 担当 2 団体・グループ情報の登録受付関連業務
 担当 3 個人情報の登録受付関連業務
 担当 4 マッチング作業(ハローワーク)関連業務
 担当 5 ボランティア活動情報の収集・発信関連業務
 担当 6 研修会・講習会の開催企画、情報管理規定の遵守指導 





情報公開
VIC初年度のAction Plan
VIC Project 4チーム編成での分担役割と達成目標
〜発足したばかりのVICの今後3年間の基礎を構築するチーム単位Action Plan〜
平成22年10月度

 チーム    達成目標
Aチーム    運営計画の進捗度チェック
社協/VC/個人・団体情報の登録開始
チラシ 栞の作成⇒配布
市内全般の「V情報の収集計画」策定 
  VIC事務室の移転(9月17日終了)
NTT機器・ PCに関する移設手配(終了)
諸ペーパーの取り扱いルールの設定・徹底

Bチーム
  V個人登録票の使用開始
〜提供するV関連情報の選定と発信手順
検索機能を含めたシステム設計の提案
V個人情報保護ルールの制定⇒徹底
  ACCESを前提での開発方針づくり
個人・団体情報への検索機能検討
PC保守・管理ルールの設定⇒全員への点綴
「南中円卓関係人材バンクの検討
Cチーム   V登録情報の収集目標
〜年度内登録目標800, マッチング目標50
登録情報の分類方法と 登録方法の確定
担当者の任命⇒入力開始
  相談・登録ツールの作成⇒使用要領の徹底
各自2件以上/月の相談案件を掘り起こして対応
NETによる相談対応⇒試行・実験開始
社協と支援センターとの連携体制づくり

Dチーム 
  V研修会の開催
VIC開設記念シンポジューム
V育成スクールの開校企画l(継続検討)
チラシ 栞(相談マニュアル)の作成
  VIC/HP⇒利用喚起策の検討
スタッフ全員へのニュース提供義務付け
〜HP更新〜(記事掲載含む)体制づくり
ICTをベースにした広報活動の実施