大阪狭山市市民活動支援センター




第12回 活動分野別
 大阪狭山市市民活動団体交流会

お互いを知り、共に新しい大阪狭山を育てよう》





 




2017年 2月18日(土)14:00~
於:市役所南館(支援センター2F講堂)

              本日の会議の予定

しみんのちから登録のすべての活動分野
★参加総定人数約27名なので2テーブルとする
★受付にてワークシートを配布し、順次記入、ワークシートを基本に進行
★各自自己紹介1分程度(団体紹介を含めて)
★講話を受けてのグループワークをしていただきます。
★今後の交流開催に向けて(時間があれば直接聴取、またアンケートに  記入要請


本日の参加者内訳           来場者数(  41名 )(含:市役所1) 
団体側参加数  19団体
団体参加者数 28名 支援センタースタッフ:12


交流会参加団体名     ( 19団体)  
南中学校円卓会議 大阪狭山ラジオクラブ 
さやか観光会 第三中円卓会議
 犯罪ボランティアグループ 大阪狭山市文化協会 
 大阪狭山市婦人会 大阪狭山市ライオンズクラブ
寺小屋カフェKIZUNA倶楽部 まちづくり研究会環境
まちづくり研究会都市計画 熟年いきいき事業実行委員会
あったかファミリー運動 大阪狭山市ボランテイアグループ連絡会
さやまおはなしの会 大阪狭山市社会福祉協議会 
 若者自立支援センターのびのび たんぽぽの丘 
 まちづくり研究会福祉介護会  


★団体交流会プログラム

 時 間 進 行 状 況  備     考 
13:30 受付開始   受付名簿・資料配布・順次シート記入
14:00~14:05 交流会開催 趣旨説明  主催者側より趣旨説明など
 14:05~14:45 ご挨拶・高林副市長の講話
介護予防・日常生活支援総合事業について
説明いただきます。
14:45~14:50  休憩  お茶・お菓子を自由にお召し上がりください 
14:50~15:50 グループワーク 出席者の団体名&名前の紹介
上記の講話を受けて、生活支援サービスの支援や応援について団体・個人としていかに働きかけるかを話し合ってください。
また、日ごろの活動の成果や課題などについても討議してください。
 15:50~16:00 発表 約5分間で各グループの発表
後日、まとめを提出願います。
 16:00  閉会  

    




 ★市民活動団体交流会趣旨説明  

市民活動支援センター:伊勢田

    


 

団体交流会開催あいさつ(2017.2.18

只今より「市民活動団体交流会」を開催します。今回は、特定の活動分野でなく、私共の活動過程でお知り合いとなりました市民活動団体さま全般を対象にお声をお掛けしてお集まりいただきました。お忙しい中を、このように多数ご参加いただきありがとうございました。
 さて、ご案内の通り、政府が昨年度に打ち出した「地方創生計画」での人口減少の歯止め対策が、全国の自治体で共通する「まちづくりにおける課題」となりつつあり、それぞれの地域で、“若い世代が、安心して地元で就職し、結婚し、出産、子育てができるような社会経済環境が実現されていると考える人の割合を、現状(20)の倍以上(40%)に増やす努力”を競い合うことになりました。

このことに呼応して大阪狭山市も「人口ビジョン」を新たに策定し、これを達成するための「総合戦略」展開に必要な各種の取組みが始まりつつあり、“まちづくりのための協働パートナーとして、皆さま方の活動も含めた「市民力」への期待がますます高まってくる”こととなりそうです。

そこで、今回は大阪狭山市での「総合戦略」展開の司令塔としてご活躍中の高林副市長をお招きして、直接に近況をお聞きすることとしました。ただし、「総合戦略」の中身は何度聞いても、耳を閉ざしたくなるような難題の連続であり、本来意欲的に反応して欲しい市民にも馴染みにくい内容となりがちです。

が、今日は「共にオモロイまちを考える~大阪狭山市総合戦略をひもといて」と題して、高林副市長お得意のユーモアを交えた解説を中心に、楽しく聞かせていただくための工夫も盛り込んだお話をお聞きかせいただけそ
うです。“ともすれば聞き流そうとする市民に対しても「総合戦略」を聞かせる講座のあり方としても、学べる貴重
な場となりそうです” ご期待下さい。

そのあと引続いて、高林副市長のお話内容も含めながら、皆さま方の日頃の活動を通じてのさまざまな想いを語り合っていただく団体交流の場としました。併せて、有意義なお時間をお過ごし下さいますようお願い申し上げます。

さて、ここで、私共「市民活動支援センター」も、新しいまちづくりでの諸問題への解決に向けた中間支援力が発揮できるようにとの飛躍を決意しています。

ご承知の通り、「支援センター」は官設の民営であり、民営部分は3年に一回市との契約更新があります。幸い、この度、来年度からの向こう3年間の契約継続の内示をいただきました。少なくとも今後3年間は大阪狭山市の市民活動の活性化役を努めさせていただくこととなりました。 

言い換えますと、私共のスタッフ全員が所属します「NPO法人」は、皆さまと同様の民間団体です。改めて、このまちの人口減対策への取り組み方を、皆さまと一緒に考え、私共「支援センター」としてお手伝いできることを見つけて、懸命にお応えして参る所存です。どうかよろしくお引き立て下さいますようお願いいたします。   

以上、皆さま方におかれましては「本交流会」の開催主旨にご賛同いただき、今後も引続いてお付き合いがいただけますことを、この場をお借りしてお願い申し上げまして、本日の「交流会」開催のご挨拶とさせていただきます。                                       

 

大阪狭山市役所 高林副市長の講話

「介護予防・日常生活支援総合事業」について


 



講話内容をPDF変換ファイルにて紹介←クリック


   

第12回 団体交流会」参加者アンケート集計(マトメ)

マウスでクリックしてpdf.ファイルでご覧下さい。





グループワーク発表


     

     一班まとめ       2班まとめ         3班まとめ     

↑      ↑      ↑
マウスでクリックしてpdf.ファイルでご覧下さい。

 閉会
  BACK

 

  大阪狭山市市民活動支援センター
   Tel.072-366-4664